家づくりへの思い


お客様に幸せに暮らせる家をつくりたい!
そんな情熱から、私たちくらしコーポレーションの家づくりがスタートしました。

住宅
ところでお客様に質問です。
日本の住宅の平均寿命は何年でしょうか?
その答えは約30年です。
つまり住宅ローンの返済が終わる頃に、多くの方が建て替えや引っ越しをしているということです。

どうして日本の家の寿命はそんなに短いのでしょう?
それは住宅の材料に原因があります。
昔は、土・木・紙・石でできていたので補修がしやすく、築50年~100年の家も珍しくありませんでした。

 
建材
住宅産業が飛躍的に発展し、新しい建築用の材料(新建材と呼ばれています)が次々と開発されました。
その代表が合板(薄くスライスした木と化学接着剤を貼り合わせた板)、ビニールクロス(石油製品の壁紙)、サイディング(板状の外壁材)などです。
これらの材料は10年くらいから表面の劣化が始まり、20年を過ぎると中身まで劣化が進んできて交換しなければならなくなります。
新建材メーカー側はこのことを分かっているはずですが、一向に改善されていません。

住宅メーカーや工務店側も、材料価格が安くて簡単に工事ができるという理由で新建材をやめられません。
そして今も日本中で寿命が短い家が建てられ続けているのです。

子供の手
建材に含まれている接着剤や溶剤がシックハウスの原因になっているのです。
実は私も昔は他の会社と同様に新建材を使っていましたが、無添加住宅との出会いからこの事実を知りました。

私たちの建てた家でお客様が幸せになっていただくために、新建材をやめようと決心しました。
国の法律で定められている安全基準で建てられた住宅でシックハウスになるのはなぜでしょうか。それは、今の基準では本当は安全でないからです。



ではどのようにすれば本当に安心な家を手に入れられるのか?

それは、化学接着剤や溶剤入りの新建材を使わず、自然な材料で建てること です。
scroll-to-top